• HOME
  • BLOG
  • 未分類
  • 【必見】大人気ブラックエンバーの総合代理店の井野屋様より上田様に独占インタビューを行いました!

【必見】大人気ブラックエンバーの総合代理店の井野屋様より上田様に独占インタビューを行いました!

ブラックエンバー誕生秘話、新作アイテム情報など忖度なしのお得な情報を公開!

今回は井野屋様のブラックエンバーショールームにて対談をさせていただきました。
ここでしか聞けないお得な情報をツナグテオフィシャルサイト限定でお見せしちゃいます!

①井野屋様がブラックエンバーの総代理店になった経緯とは?

『弊社が扱うブランドは10ブランドありメンズ、レディース、革からナイロン、合成皮革まで様々なブランドがあります。
現代のファッションには多様性があり、いろいろな視点から商品が生み出されています。
弊社のプライベートブランド以外の視点を持つブランドを兼ねてから探していました。

そんな中でガジェットを守ることに特化しつつ現代のファッションと融合するバッグが紹介され、調べていくうちに日本ではできない技術により商品開発がなされているBLACKEMBERの代理店業務を弊社で行いたいと
思うようになりました。
コロナウイルスの蔓延によりガジェットを移動して仕事を行うことが当たり前になる中でガジェットを守るだけのバッグは沢山ありますがその中でファッションと融合し自分たちが持ちたいと思えるバッグは数少ないと思います。
日本以外にも良いデザイン、良い機能が沢山あることを日本の市場に知ってもらうこと。
また、違う国の生活様式や技術で開発された商品を扱うことにより、自分たちの視野や見識が広がることも代理店業務で得られるメリットだと思います。』

②ブラックエンバー大人気モデルフォージがどのように生まれたのですか?

『BLACKEMBERのデザイナーであるクリスに実際に東京に来てもらい街やお店を見ていただき。
その後に弊社の事業や日本人の平均的な体系や生活様式について直接会って話しあいを行いました。
その話し合いの中でBLACKEMBERの独自の技術を活かしたビジネスバッグを作成して欲しいと伝え製品化して頂きました。』

②ブラックエンバーのメリット、デメリット

メリット

・ガジェットをしっかりと守りながらファッションバッグとして確立している
・男心をくすぐる機能性
・ビジネスシーンだけではなくカジュアルシーンでも使用できる汎用性があるバッグブランド

デメリット

・機能性を重視するため新商品開発には1年近くかかる
・どこでも作れる商品ではないため大幅に商品の供給を増やすことができない
(販売=日本、デザイン=アメリカ、生産=ベトナムと3カ国で商品のやり取りを行っています。
国によりコロナの対応が違うのでいろいろ苦労はあります。)

③【忖度なし】上田さんが選ぶのブラックエンバーオススメベスト3

1位 / FORGE
2位 / TKS
3位 / SHADOW26

④デザイナー(本国スタッフの印象)について教えてください

『アメリカ人なので日本人と違い忖度はないですが日本の市場を理解したいと感じました。
弊社の展示会を訪れた時に弊社のブランドも真剣に見ながら意見の交換をしていただいたので探求心がかなり強いと印象を
受けました。』

⑤現時点でわかっている新作情報とかってありますか?

『現時点で公表できる情報では、クロスボディバッグ1型1色とマグネットウォレット1型1色が新作で発売される予定です。』

⑥ライバル視しているブランドはいたりしますか?

『ブラックエンバーが唯一無二なのでライバルはいません。他のブランドや競合に対して差別化は出来ていると思います。
そのうえ、バッグブランドというよりかはファッションブランド的な立ち位置でのブランディングを意識しています。
メインターゲットとしては一般的な大衆向けではなくあくまでファッション感度の高い方に設定しています。』

⑦ユーチューバータクゾーさんの反響って実際いかがでしたか?

『フォージの紹介動画を上げて頂いてから、以前に比べかなり問い合わせが増えたので反響はかなり大きかった印象です。元々ブラックエンバーの中でもフォージは売上TOPでしたが、より動画によって認知度があがり拍車がかかりました。
本商品の良いところも悪いところもしっかり説明されており非常に好感が持てる内容の動画だったと思います。
今後も他のモデルなどを取り上げていただければ嬉しいですね。』

⑧修理やリペアについて

『これまで多数販売してきていますが実際に修理依頼があったのは3件ほどしかいただいておらず、仕上がりのクオリティー、耐久性に優れていると思います。
シームレスで圧着している場合、その部分が剥がれてきたりするブランドも多いのですがブラックエンバーについては発生率は非常に少ない結果となっています。

もちろん、修理代金が基本的に有償となりますが、基本的に修理、リペアはお受けいたします。
内容によっては本国に送る必要もあるので納期に時間がかかる場合もございます。

必要な場合は販売店へご連絡お願い致します。』

⑨日本以外の海外での反応評価は?

『あくまで弊社は国内代理店なので他国に関して詳しい詳細はわかりませんが取引金額だけでいうと日本のマーケットシェアは大きいと聞いています。
「ガジェットを守る」というここ最近の日本のニーズとマッチしていることも要因としてあると思います。』

商品ページをご覧になる方はコチラ▼

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。